猫はとりあえず保護する事に

いろいろと新人猫の事をどうするか悩んだ末、仔猫は保護する方向で里親を探すかなんとかする事にして、まずはあまりにガリガリなので、ひとまずビビの餌をあげることにした。で、あちこちにメールや電話をして里親探し。でも、まぁ、そんなに簡単に見つかるはずもなく、とりあえず仔猫用の餌を買い発泡スチロールの箱を買ってきた。家にはビビもいるし、どんな病気や虫を持っているか分からないし、ビビは仔猫を見て唸るし、なので外猫として保護する事にしたので、発泡スチロールハウスを準備したのだ。ビビも初めは発泡スチロールで、今だにビビの最終的な避難場所。避妊手術した時もこの中でうずくまってた。なので仔猫を拾ったら発泡スチロール!が私の中では基本です。

20131111-095322.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA