壊れた傘でエコバッグ

お盆休みはお裁縫三昧。まずは、骨が折れて、使えなくなった折りたたみの日傘でエコなエコバッグ作った。

まずは骨から外す解体作業後、お洗濯して乾かします。傘は三角形で出来ていて、縫い目に沿って切っていきます。今回の傘は全部で三角形は6枚。

その三角形を互い違いに縫い合わせます。私は丈夫になるように、中表で端を縫った後、片方に倒してもう一度押さえ縫いしました。

三枚まで塗ったところでサイズ感の確認。

そのまま、全部縫い合わせるととても横長になりそうだったので、三角の内2枚をさらに縦半分でカット。このウチ2枚を本体の両サイドに合体して、本体部分を四角形にしました。残りの2枚はこれまた互い違いに縫い合わせて、底部分にしました。こんな感じ↓

傘を止めるホックは必ず袋上部に来るように縫い合わせます。

本体部分の長さと底部分の周囲の長さは同じ長さにならなかったので、四隅で均等にタックのようなイメージで吸収しました。紐部分は家にあった、テープ布を縫いつけました。

傘を収納する袋もサイズに合わせて、縫い縮めました。傘のホックも丸める時に使えます。

ビビさんにも気に入って貰えました!

壊れた傘でエコバッグの詳しい作り方をpdfで作ってみました。まさにゴミを増やさないエコなエコバッグ、作ってみてね。
壊れた傘でエコバッグの作り方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA