広島旅行-お土産

今回、とっても気になった食材の「がんす」が空港で売られていた。12時間以内なら冷蔵しなくても大丈夫と書かれていて、成田から家へ帰る道のりを考えても大丈夫だ!って事で一個だけ購入。

そして、広島いえば牡蠣!牡蠣のオリーブオイル漬けが大好きなんだけど、瓶詰めより袋詰めの方がコスパが良かったので、袋詰めを購入!

そして、出雲では、フグの味醂干し!なんか、味醂干しって好きなのよね!

そして、勾玉屋さんで猫の形の金運アップのお守り!

尾道では、はっさくのゼリーとはっさく大福。このゼリーのパッケージをネットで見た時、あまりのイケてる具合に驚愕して、見つけて速攻購入。そして、その隣にあった、はっさく大福。果物と大福って絶対美味しいはずと思って買って職場で配ったら、ものすごく好評でした!

出雲大社で、走りながらのお参りとなってしまった原因となった、参道でのお買い物。

これ、友達と2人で一目惚れして、わたしはこのぽってりとした一輪挿し。友達はお猪口をそれぞれ買った。

でも、後日、職場でテレビを見ながらお弁当を食べていたら、Eテレでベニシアさんが出雲の窯元を訪ねていて、なんと、私達が一目惚れした陶器の、あの特徴的なあの模様が!よくよく話を聞いてると、その昔日本民藝運動の立役者バーナードリーチの流れをくむ窯元の作だった。

なんか、昨今の流れとして、情報と知識ばかりが先走って、何々の何々だから良いだろぉ、という趣旨の風潮が横行している気がするのだけど(今、所属している会社だけか?)、なんの知識も無く手に取って気に入って購入した物が、由緒正しい流れを汲む物であったという事に、自分の物を見る目に少し自信が持てた気がした。情報に惑わされない、自分の感覚と感性で、視覚も味覚も聴覚も判断する人間を目指そうと、あらためて思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です